誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷をするといくらの罰金を支払わなければならない?

インターネットの普及によって生活が便利になっている一方で、コミュニケーションにおいても様々な問題を解決しなくてはいけない時代です。個人ではSNSなどを使って情報を得たり流したりすることができるために、トラブルになると誹謗中傷などが浮き彫りになってきています。

親しい関係だとしても酷い場合には、弁護士から名誉棄損ということで被害に応じた罰金など処罰の対象になることもあります。

 

 

 

 

インターネットではSNSのトラブル

 

インターネットは世界中の人と人を繋ぐことができるツールとして、ビジネスにおいても急速に発展してきた背景があります。今ではパソコンやスマートフォンを家族で持つことが当たり前になっていますし、何よりも日常生活の中で活用性が高くなっているのが事実です。

しかし、いろいろな人との繋がりを持つことができる反面、トラブルになってしまうと問題を解決するのに時間がかかることもあります。たった一つの誹謗中傷によって店舗などを持っている会社や、たくさんの商品を扱っている企業などにも大きなダメージを与えることも少なくありません。あきらかに多いのは若い世代の10代や20代のトラブルがあり、その他にも件数は少ないものの30代以上も増加傾向にあります。

 

軽いつもりでいった誹謗中傷の刑罰

 

インターネットなどの掲示板やSNSで誹謗中傷を発信した場合には、刑罰に処される可能性があり安易な気持ちで書き込みをすることはいけません。まず考えられるのは名誉棄損罪で、人の名誉を傷つけるようなことを大勢の人の目に触れるようにすることです。この場合で訴えられた時には、3年以下の懲役で罰金も払うことになっていますが、逮捕されるかされないかによって違いが明白です。

その他にも侮辱罪というのがあり、人の体型をみて「デブ」とか「ブス」などの悪口によって適用される法律になります。もちろんケースバイケースですが、有罪が確定をした場合には拘留される可能性もありますし罰金ももちろんあります。

 

どのくらいの罰金を支払うことになるのか

 

これらのトラブルでは弁護士などの法律の専門家が出てきた場合には、誹謗中傷とはいえ大変なリスクを伴ってくると考えることです。

まずどのような理由があるにせよ被害者に謝罪をすることはもちろん、罰金なども含めて社会的な制裁が待っていることもあります。怒りに任せて相手に対して名誉棄損などをした場合には、金額としても大きな50万円以下の罰金があります。多くの人の目に触れることになるインターネットでのトラブルでは、決して消すことができない酷い状況になることもあるので、やった後に後悔しても始まりません。

侮辱罪であれば1000円以上1万円以下という、かなり名誉棄損とは違い軽い感じがありますが、それでも人に対する罪の重さは同じだといえます。もし逮捕ということになると弁護士にすぐに相談をすることがベストですので、「警察を呼んでください」といえばすぐに駆けつけてくれます。信頼できる専門家がいるようであれば、そちらに頼むのもできますので、逮捕されても慌てずに準備をすることです

 

インターネットではSNSを使ったトラブルが多くなっています。特に若い世代が間違った判断によってトラブルを助長させていることもあり、これからのネット時代を改めて見直さなくてはいけないです。特に誹謗中傷などをインターネットでおこなった場合には、不特定多数の人たちの目に付くことからすぐに警察沙汰になる可能性があります。また罰金なども名誉棄損罪の場合に50万円以下となりますし、侮辱罪でも1万円以下と定められています。自分の身に覚えがないことで逮捕されるということになると、弁護士をお願いして対処をすることができるので慌てないですみます。

サイト内検索
記事一覧