誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷を訴える事は可能?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/10

ネットは、どんな人でも発信者になることができる空間といえます。

思うままに感じた事を投稿でき、今日では老若男女関係なしで、掲示板やSNSやBLOG等を有効に活用して楽しく交流しています。

しかしながら、ユーザーが増加した結果、誹謗中傷のさまざまなトラブルがここにきてかなり発生しています。

インターネットを通しての誹謗中傷はどの様な不法行為に当たるのか、疑問にも思える人々も多いと言えます。

実際のところケースバイケースで判定されますが、多くは名誉毀損といった不法行為に当てはまり、訴えることが可能かどうかの論点があります。

インターネットの中傷は訴訟することが可能

フィクションの世界ではネット空間は現実の法律が適用されないアンダーグラウンドの世界で通っていますが、現実のインターネットの空間は真逆です。

とりわけ近頃では現実社会と同程度の扱いになっており、ひとつの例としてインターネットを通して個人や組織を中傷し続けたケースになると、刑事罰、あるいは民事訴訟の対象ということになります。

インターネットの中傷は、被害者自体が泣き寝入りを迫られるといった事例がありましたが、今の時代はその道のプロに協力を要請することによって、中傷の犯人を明確にし、訴えることが不可能ではありません。

民事訴訟それから、刑事訴訟の双方で訴訟することが出来ます。

訴訟するために実行できることとは?

国内では、ネット上で中傷されて苦悩している人が拡大しています。

ネット上に記述された情報は、直ちに拡散されるので、情報の中身によってはとても大きな被害が出てビジネスや日々の生活に悪影響が出る人も珍しくありません。

インターネットを通して中傷され被害を受けたケースになると、書き込んだ相手サイドに対して訴訟することができます。

しかしながら、訴訟するには証拠が求められます。

訴訟するためのファーストステップが、加害者の特定になります。

特定は、IPアドレスが足掛かりになります。

ネット接続は、IPアドレスがアクセス先に表記されるので、記述された時間に残ったIPアドレス及びプロバイダーが発行しているIPアドレスを確認することによって、記したPCのオーナー情報を特定することができます。

特定するため、開示請求が必要になることから、その道のプロに相談を持ち掛ける方が非常に多いです。

誹謗中傷されたときの相手の特定について

ネットを活用するときには、該当のルーター及びPCなどに設けられているインターネット上の住所の様な物があります。

まさにそれがIPアドレスと呼ばれるものになります。

IPアドレスにつきましては振り分けるプロバイダーがあるため、記録から誰が利用したかというのを特定できます。

仮にニックネームもしくは偽名で中傷していたとしても、プロバイダーが所有している契約に関する情報をチェックすれば個人情報を獲得できます。

しかしながらプライバシーの情報開示はトラブルを引き起こして弁護士並びに警察などが関与した場合のみできます。

その結果特定をしたいという個人の考えだけでは開示してもらえません。

そのため、特定を行なってほしいのであれば、まず第一に専門機関へと相談することが求められます。

まとめ

インターネットを通して誹謗中傷されると、情報はあっという間に拡散します。

したがって、仮にプライバシーの情報も一緒に広められてしまった場合、被害者が受けてしまうダメージは相当大きくなります。

インターネットを通して中傷された場合、専門家へお願いして、できる限り早急に中傷を止めさせることが大切になります。

プロバイダー責任制限法により、発信者に関する情報開示を請求することが可能ですので、まず第一に加害者に関する情報開示をしてもらう必要性があります。

対策としては、特定する情報開示の請求を行って、特定されたら、損害賠償請求を行ったり、名誉棄損という形で訴えるなどのアクションを起こすことになります。

サイト内検索
記事一覧