誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

弁護士に転職会議の誹謗中傷の削除を依頼することは可能?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/24

転職会議に誹謗中傷の内容が書かれていることもあるでしょう。そのような時には、何らかの対策を知っておいたほうがよいです。

では、なぜその対策を知っておいたほうがよいのでしょうか。そして対策をする場合、弁護士に依頼することができるでしょうか。

対策を知っておいたほうがよい理由とは

転職会議に、誹謗中傷の内容の文章が書かれていることもあります。たいていの場合、身に覚えのないことが書かれており、そのような状態はあまり好ましいものではありません。

しかしながら、誹謗中傷をするのにあたり、その会社は気にしていないからとそのまま放置しておくと後々、面倒なことが起こりえます。具体的には、それを本気に信じてしまった人が話を広げる可能性が高いです。話が広がっていくと、真実のように扱われることも少なくありません。

嘘も100回つければ本当になるといわれている通り、誹謗中傷も心当たりがなかったとしてもそれが多くの人に知られると本当のことのように扱われてしまいます。あとになり、それらをすべて消していくのは難しくなります。この場合、どのようにしたらよいかといえば自分で対策をするにしても効果がないことも多いため弁護士などに依頼する必要があるでしょう。

弁護士の中には、誹謗中傷に対して積極的に取り組んでくれるところも珍しくありません。もちろん弁護士によってジャンルはさまざまですので、誹謗中傷の対策をしっかりしてくれるところを選ぶのが一番になります。

弁護士に依頼する場合の流れとは

誹謗中傷対策として弁護士に依頼する場合いったいどのような流れになるかを理解しておく必要があります。

まず基本的にはインターネットなどから弁護士を選ぶことが必要になります。法律事務所を見ていくと、何を得意としているかホームページに書いてあることがありますので得意としているところにお願いをするのがよいでしょう。

得意としていない人にお願いをしても、さっぱり結果が出ないようなことがあります。頼むだけ無駄になってしまうことがあるため、専門家を選ぶことが重要になります。

そして、選んだ場合には実際に法律相談をする流れになるでしょう。法律相談をする場合には30分の間に自分が話すことを考えておかなければできません。30分を長いと感じるか短いと感じるかは人によりますが、少なくとも内容を決めていかないとあっという間に終わってしまいます。

聞きたいことを聞くことができず無駄に時間を過ごしてしまうことになりかねません。それならば、初めから何を聞いておきたいかを幾つかメモしておき、それをしっかり聞くようにしましょう。その話の中で、この弁護士さんにお願いをすれば安心して対策を立ててくれるだろうと判断できる場合に依頼するのがよいです。

正式に削除してくれるまで依頼する

弁護士と正式に契約した場合、何をしてくれるかといえば具体的にその掲示板から削除をしてくれるのを待つことです。本来ならば、弁護士を利用しなくても削除してくれそうですがやはり素人がお願いしてもなかなか削除してくれません。

そこで弁護士にお願いすることで明確に削除してくれる可能性が高いでしょう。掲示板の管理にも、弁護士が出てきた場合にはそれをわざわざ否定して削除しない状態を維持するよりも削除したほうが後々法律上の問題にならずに済むからです。

 

誹謗中傷を転職会議でされた場合、それらの書き込みは早めに対処したほうがよいでしょう。まず、法律事務所に依頼することが必要になりますが、最初は法律相談から始める必要があるでしょう。

法律相談をする場合30分間は無料になりますので金銭的に気になる場合でも安心ですが、30分もあって今に経過してしまう可能性があるためあらかじめ何を聞いておいたほうがよいかをメモしておくと便利です。法律家に任せておけば素人が対応するよりも簡単に削除してくれるでしょう。

サイト内検索
記事一覧