誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷を弁護士に依頼すると損害賠償請求できる?

公開日:2019/03/05  

誹謗中傷されたといった場合には弁護士に相談してみると良いでしょう。

弁護士事務所に相談することによって損害賠償金が回収できることがあります。

とはいえ、必ずしも損害賠償金がもらえる保証はありませんし、場合によっては逆に訴えられることすらあります。

だからこそしっかりと調べてうまく利用しておきたいところです。

 

損害賠償金を回収するためにはどうするか

誹謗中傷された場合には弁護士事務所に依頼して損害賠償金がもらえることがあります。

例えば、程度があまりにもひどい誹謗中傷の場合には是非とも損害賠償金を狙ってみましょう。

特に実際に誹謗中傷によって何らかの損害が生じた際には裁判が成功する確率も高いです。

誹謗中傷によってビジネスに影響が出た場合にはその分だけ損害賠償金がもらえます。

他にも、どの程度悪意があるかによっても損害賠償金は変わります。

このようなことも含めて弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

逆に全くお金がもらえないこともあります。

例えば、証拠がないような場合です。

どのような誹謗中傷のケースでも、証拠がなく当事者の意見だけだとどうにもなりません。

やはりレコーディングされた音声ファイルなどが裁判を起こすためには必要になってきます。

監視カメラの情報なども役立ちます。

こうしたことも含めて弁護士事務所に相談して、勝ち目があるのかどうか見てみましょう。

また、全くなんの証拠もないのに訴えると逆裁判になることもあるので気をつけておきたいところです。

 

損害賠償金を回収する以外の方法について

もしも侮辱されたりしたらいろいろな方法で対応することができます。

上記で紹介したように裁判を起こすのは一つの手でしかありません。

例えば、誹謗中傷された場合には復讐代行業者を利用してみると良いでしょう。

こうした代行業者を利用することによって様々なことを行ってもらえます。

とはいえ、代行業者を利用するのもコストがかかりますし、代行業者ができることには限界もあります

 

弁護士事務所を利用する際のポイントについて

このようなケースで弁護士事務所を利用する際にはなるべく専門弁護士事務所を選んでおきましょう。

弁護士事務所にもいろいろありますが、見当違いの事務所を選んでも仕方ありません。

法律事務所によっては中傷事例などにかなり強いところもあります。

他にコストについても理解しておきたいところです。

誹謗中傷の場合、20万円程度から依頼できます。

とはいえ、相手も法律事務所を利用するといったように裁判が長引く場合には一気にコストも増えてきます。

もしも長期化するならば成功報酬制のところを選んでおくのも良いでしょう。

ちなみに裁判で勝つことでこうした法律事務所に支払う費用も全部回収できることがあります。

そのため、勝てる見込みがかなりあるならばそこまでコストについては心配することはありません。

法律事務所によってはローンなどをしてくれるところもあります。

最後に法律事務所を利用する際には幾つかの法律事務所を比較しておきましょう。

法律事務所もいろいろあってコストも変わってきます。

できれば3つ程度の法律事務所に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

法律事務所と依頼費用について交渉することもおすすめできます。

こうしたことをしないと割高な法律事務所を選んでしまうことにもなりかねません。

 

もしも侮辱された場合などは法律事務所に行って相談しましょう。

法律事務所によってはかなりお安く利用できることもあります。

裁判になった場合には証拠なども必要です。

示談の方法もありますが、長期化することもあるので気をつけておきたいところです。

また、法律事務所を利用する際には必ず幾つかの業者に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

こうすることによってより最適な法律事務所を選んでおくことができます。

サイト内検索
記事一覧