誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所9選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

職場での誹謗中傷も弁護士に相談!その流れとは

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/03/15


誹謗中傷や嫌がらせといった悪質なネットでの書込みは、現代の日本で社会問題になっています。これはインターネットに誰もが気軽にアクセスし、個人のプライバシーに簡単に介入できるようになった悪い副産物ともいえるでしょう。被害者は誰が自分を誹謗中傷しているのかわからず、非常に怖い思いをします。このような問題は職場にも起こるようです。

職場でよく見られる人間関係について

職場の中には閉鎖的な村社会に陥る場合があります。毎日同じメンバーと顔を突き合わせて仕事をすることで、複雑な人間関係や軋轢が生まれやすいのです。またそこには昇給や評価、出世といった利害が絡んでくる事情もあるでしょう。

最初は仲よく同僚として仕事を分担し、同じ目標に向かっていても、どちらか一方が出世したり評価が偏ったりすると、嫉妬や憎悪といった感情が生まれるようになります。自分も同じように仕事をしているのに認められないとなると、出世している同僚の足を引っ張ってやろうという嫌がらせを考える人もいるかもしれません。

近年ではパソコンやネットを介して匿名性を保ちながら、誹謗中傷を拡散させるなど手口も巧妙になっているのです。そのため被害者本人が知らないところで、悪い噂が拡散されます。

パワハラやセクハラとネットを介した誹謗中傷

職場の人間関係は評価や出世だけの問題にとどまりません。自分の立場や権利を最大に行使し、気に入らない部下をいじめるパワハラもあります。性的魅力を感じる女子社員に、立場を利用しホテルに誘ったり体を触ったりするセクハラもあるようです。パワハラやセクハラで自分の欲求が満たされなければ、その報復として部下の悪口をメールや社内チャットで拡散する上司もいます。

社内で立場が弱い人間は、その被害を訴えにくいでしょう。このような場合には、法律のプロである弁護士に相談してください。弁護士は費用がかかり、相談をためらう人も少なくありません。しかし近年では弁護士による初回無料相談などが導入され、誰でも被害を相談しやすくなっているのです。

誹謗中傷被害を弁護士に無料相談とその後の流れ

最近はこうしたネットでの誹謗中傷などの被害が多くなっているため、弁護士も救済措置として初回相談無料で応じているところが増えています。無料相談には事前に電話やネットでの予約が必要で、1時間程度の時間制限付きが多いようです。1時間程度の限られた時間内で、できるだけ簡潔に正確な情報を弁護士に伝え、相談するようにしましょう。

そのためには、事前に要点を絞って箇条書きにしてまとめておき、時系列に沿ってどのような被害を社内で受けてきたか、媒体は何か、社内における人間関係や相関図などをあらかじめメモしておき、弁護士にみてもらうのもよいでしょう。このように行うことで伝え漏れが減り、被害について相談できます。

またメール文書や掲示板の書き込みなどをスクリーンショットで保存し、被害の証拠を持参することも大切です。その事実にもとづき、弁護士は内容証明などを作成し、被害の実態と損害内容、慰謝料の請求などを記載して加害者に送付してくれます。上司からの社会的立場を利用した誹謗中傷の場合には、パワハラやセクハラの視点から加害者を訴えることができるようです。

 

ネットを介した誹謗中傷が職場にもあるようです。職場は出世や評価、社会的地位などの利害関係があり人間関係も複雑化しています。そのため、チャットや掲示板で個人を攻撃し、足を引っ張ろうと嫌がらせするケースもあるでしょう。このような場合は法律のプロである弁護士に相談してください。相談後は事実にもとづき、内容証明の作成や、セクハラやパワハラ被害も一緒に訴えることができます。

誹謗中傷・風評被害対策におすすめな法律事務所10選!

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
9
会社名弁護士法人アークレスト法律事務所虎ノ門法律特許事務所小屋敷総合法律事務所アーネスト法律事務所東京双葉法律事務所律事務所アルシエン大本総合法律事務所サイバーアーツ法律事務所戸田総合法律事務所
業務領域IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から不動産・相続問題・労働問題まで幅広く対応誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応顧問契約・出版実績多数ありトップリーガルサービスを全国へIT・インターネット関連事件専門の弁護士事務所誹謗中傷トラブルのエキスパート弁護士が在籍
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索