誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷の削除は弁護士に相談しよう

悪意を持った人間がネットを利用すると、ある程度の匿名性を保ったまま、さまざまな悪事を簡単に行うことができます。

完全に個人をターゲットにした誹謗中傷というトラブルは、自分では避けられません。

何もしていなくても、相手側が勝手にネット上に書き込むのですから、被害者側で対策するのは難しいです。

もしも、ネット上のサイトや掲示板に、自分に対する誹謗中傷を書き込まれたのなら、消してもらえるように管理人に申請しましょう

それに応じてくれなかったり無視されたりしたのなら、専門家に動いてもらうのを考えたほうがよいです。

いずれおさまるだろうと放置しては、相手がさらに増長して、書き込みを増やすかもしれません。

弁護士に相談して誹謗中傷をやめさせる

身に覚えのない悪口をいわれると、どうにかしようとして、ついつい反応してしまいがちです。

しかし、相手は嫌がる反応を見て楽しむタイプの、どうしようもない人間かもしれないので、自分自身で相手にするのはやめたほうがよいでしょう

ついつい、口が滑ってしまい、余計なことを書き込んでしまうと、こちら側が不利になってしまう可能性すらあります。

そのため、サイトや掲示板の管理人では解決してくれないと感じたのなら、すぐに弁護士に相談しにいきましょう

そうすれば、法律に則って正規の手順で書き込みを削除するように申し入れをしてくれます。

個人ではまったく対応してくれないようなところでも、専門家に頼めば、あっさりと解決することはよくあります。

弁護士はインターネットに詳しい方を選ぶ

法律は現実世界に合わせて作られているケースが多いため、ネットという仮想世界では対応が難しい場合があります。

その難しさを乗り越えて、誹謗中傷を削除して欲しいのなら、弁護士にはネットに強い方を選定しなければいけません

「ネットトラブルに強い」と宣伝している事務所があるので、そちらに所属する方の中から選ぶのが一番でしょう。

離婚問題や税金問題を専門とする方に頼んでは、仮想世界でのトラブルを解決してもらえる可能性は低いです。

なお、仮想世界でのトラブルに強い事務所を探したいのなら、ネットで調べるようにしましょう。

専門分野の性質上、ホームページを開設している場合がほとんどなので、オンライン検索で探せば簡単に見つけられます。

ホームページを見るときは、これまでのネットトラブルの解決実績をチェックすればより安心して相談ができます。

あまりにも酷い場合は訴えることを考えよう

匿名性を盾にして、信じられないような誹謗中傷をネット上に書き込む人間がいるのも事実です。

そこまで酷いと消してもらうのは難しくはありませんが、それだけでは腹の虫がおさまらないでしょう。

そのときは、書き込んだ人間をきちんと特定してもらって、犯罪として訴えることを考えたほうがよいです。

たかが悪口だと簡単に考えている人間が多いですが、あまりに酷いものは犯罪になるため加害者を訴えられます。

ただし、訴えるためには、弁護士に動いてもらわなければいけないことが増えるので、それなりの費用が発生するのを忘れてはいけません。

そのため、まずは相談をして費用を見積もってもらい、それでも訴えたいのなら行動を起こしましょう。

 

消してもらうのが難しい誹謗中傷があるのなら、ネットトラブルを得意とする弁護士にすぐに相談しましょう。

サイトや掲示板に表示されている時間が長ければ長いほど、自身の間違った情報が世間に広がってしまいます。

削除してもらったとしても、後から訴えることは可能なので、とにかく迅速な行動がおすすめです。

サイト内検索
記事一覧