誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷と批判は何が違う?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/11

インターネットや公的な場所で自分に対して悪いイメージが流れるようなことがあった場合どうすれば良いでしょうか。

こうした時にまず大切なことは自分が感情的になりすぎないことです。

まずはいったん冷静になって事態を見極めて、何をすれば最善の策になるのか、検討してみるようにしましょう。

そこでまず注意しなければならないことは今の状態が自分に対しての、批判なのか誹謗中傷なのかです。

これを正しく見極める必要があります。

 

誹謗中傷とはどのようなものか考える

誹謗中傷とは根拠が何もなく、相手に対して攻撃的なメッセージを発信してしまうことです。

全く事実ではないにもかかわらず、特定の人物に関してネガティブな意見をばら撒いてしまうことは非常に悪質です。

相手がどうしてこのようなことをするのかは様々な理由があるでしょうが、何かしらの悪意があっての行動と見ることができます。

もしもこうした事態に遭遇したのであれば、法的な手段に訴えることも含めて対策を練る必要があるかもしれません。

ただし本当に事実でないかは落ち着いて考える必要があるかもしれません。

こうした攻撃を受けて感情的になっている時は自分が見えなくなっている可能性もあります。

まずは誰か信用できる人物に相談してみることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

批判とはどのようなものか考える

誹謗中傷と違い、批判は根拠のある意見になります。

事実に基づいて相手に対して何かしらのネガティブな意見を述べている場合、これは誹謗中傷ではなく批判と考えられます。

人によっては論理的に物事を考えることが好きな人がいます。

こうした人達は客観的に見て正しい意見をつい述べてしまい、相手を論破してしまうことがあります。

これは確かに批判に当たる可能性がありますが、しばしばトラブルのネタにもなります。

正論をふりかざすことは相手に対して不快な印象を与えてしまうことにもなるからです。

もしかすると、自分に向けられているメッセージがこの手の人間によるものである可能性があります。

この場合は誹謗中傷とみなされないことが多いため、法的手段に訴えるよりも別の方法を模索していく必要があります。

こうした論理思考が好きな人は、うまく説得すれば分かってもらえることがありますので、まずは相談してみることが良いでしょう。

相手側は悪意を持って攻撃しているとは限りません。

ただ単純に、少なくとも論理的には正しいことを言いたいだけの可能性があります。

自分でうまく話せないのであれば、頼りになりそうな人物に手伝ってもらってはいかがでしょうか。

きちんと相手を納得させるだけの理由があれば、自分に対する批判を抑えることができるかもしれません。

 

もしも判断できないならどうするか

もしも自分では判断が付かないようでしたら、誰かほかの人に相談することが良いでしょう。

最も簡単な方法はインターネット等で専門家に相談してみることです。

こうした状態での悩みに対応してくれる相談様のサイトがいくつかあります。

また、ほかにも自分と似たようなことから悩んでいる人は多いかもしれませんので、そうした人達の対応を参考にしてみると良いでしょう。

もしもその程度では解決できないようでしたら、弁護士に依頼してみると良いです。

彼らはこうした問題解決の専門家ですので、自分にはないアイデアを提供してくれます。

 

自分に対してネガティブな意見が出たとは、まずは自分が自分自身を見失わないようにすることです。

相手に対してこちらが感情的になりすぎれば、こちらが誹謗中傷したとみなされてしまいます。

まずはこの状態が、誹謗中傷なのか批判なのかを見極めましょう。

それによって対処の方法が変わってきます。

とにかく焦らないことが大切です。

サイト内検索
記事一覧