誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所10選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

ツイッターの誹謗中傷の解決は難しい?弁護士に依頼できることとかかる期間

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/20


ツイッターは誰でも気軽に発信できるメリットがある反面、誹謗中傷や悪意あるコメントがネット上で広まる恐れもあります。自力での解決は難しい場合が多いので、ネット上で悪質な書き込みを見つけたら弁護士に相談しましょう。では、弁護士に依頼できることは何でしょうか。解決までにどれだけの期間がかかるのか解説します。

ツイッターの誹謗中傷は自力で解決するよりも弁護士に相談しよう

ツイッターで誹謗中傷されると、悪質なコメントをひたすら削除する、ブロック機能を使うなどの対策をとることが一般的なようです。他にもツイッター側でも対策を行っているので、活用する方もいます。SNSの誹謗中傷対策に乗り出した企業のサービスを使って対策をたてる方法もあるでしょう。

しかし、どれだけ対策を心がけていても、法的な措置が必要になってくるケースもあります。たとえば、個人情報をネット上で公開される、執拗なDMやリプライによりストーカー化しているケースです。何度もアカウント名を変え、執拗に追ってくる相手に個人で立ち向かうには限界があります。

ネット上にさらされた情報は、あっという間に拡散される可能性があるため、素早い対応と専門的な知識をもったプロのアドバイスが必要です。ここで警察署へ被害届を出すこともできますが、基本的に警察は民事不介入の原則に従います。証拠がなければ動いてくれません。

弁護士に相談するのが一番でしょう。法律事務所の無料相談を利用する方法もありますが、収入が少ない方は法テラスの利用を検討してみましょう。

弁護士は誹謗中傷のためにどんな解決法をとっているか

「誹謗中傷にあたる書き込みの削除」「誹謗中傷の書き込みをした人の特定」「損害賠償の請求・刑事告訴」が弁護士のできることです。ネットに書き込まれた情報は、書き込まれた側が行動を起こさない限り放置されます。ネット上で公開された情報がさまざまな人の目に触れ、即座に拡散されてしまう恐れがありますが、弁護士に依頼すれば削除代行の依頼ができるでしょう。

ツイッターを活用する人は、匿名での書き込みが多いことから特定が難しいようです。弁護士であれば「発信者情報開示請求」という手続きをとり、誹謗中傷の書き込みをした人の特定が可能になります。誹謗中傷の書き込みをした人を特定した後は、損害賠償の請求・刑事告訴ができるのです。裁判で有罪となれば懲役や罰金が科される場合があります。

このような手続きを踏むと時間がかかり、費用もかかります。そのために泣き寝入りする人もいますが、訴訟せずに解決が可能なケースもあります。ツイッターは海外企業なので、訴訟する側も手間がかかるでしょう。

まずは、自分に合った解決法があるか、弁護士に相談してみることから始めてください。最短で2週間で解決したという例もあります。時間を無駄にせず早期解決を目指しましょう。

ツイッターの誹謗中傷解決にかかる期間

弁護士に依頼するとどの程度の期間で解決するのでしょうか。まずはツイッター社へ通報することで、誹謗中傷の削除が可能なケースがあります。これは、嫌がらせなどの行為や、個人情報・写真を無断で投稿することなどを禁止しているからです。

もしもツイッター社が誹謗中傷ではないと判断した場合は別の対策が必要になります。損害賠償の民事請求を起こす前に、裁判所による「削除の仮処分」をしましょう。申し立てから発令まで1~2ヵ月程度かかります。相手側が削除しなかった場合、強制執行を利用しましょう。

誹謗中傷のツイートが削除できても、相手が別のアカウントを使い再度嫌がらせをすることもあります。そうなると相手の氏名や住所を特定し、損害賠償を請求する必要が出てくるのです。

ツイッター社に「発信者情報開示請求」を行い、投稿者が利用しているプロバイダを特定します。

その後「発信者情報消去禁止の仮処分」「発信者情報開示の訴訟」を提起する流れが一般的でしょう。裁判所によって開示が認められるまで半年以上かかることが多いようです。この後、損害賠償(慰謝料)請求訴訟を起こすことができます。時間も費用もかかるため、裁判を起こさずに解決という方法もあります。早期解決を目指すのであれば、ネットの誹謗中傷解決に強い弁護士に相談しましょう。

 

ツイッターの誹謗中傷を解決するには、時間がかかり、複雑な手続きを踏む必要があります。個人で対応するには限界だと思った場合、すぐに弁護士へ相談しましょう。早期解決するために裁判は必要ないこともあります。ネットやSNSに強い弁護士を選んでください。収入が少ない方は法テラスを利用しましょう。

誹謗中傷・風評被害対策におすすめな法律事務所10選!

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
会社名弁護士法人アークレスト法律事務所虎ノ門法律特許事務所小屋敷総合法律事務所東京双葉法律事務所アーネスト法律事務所大本総合法律事務所モノリス法律事務所律事務所アルシエン戸田総合法律事務所サイバーアーツ法律事務所
業務領域IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応誹謗中傷対策から不動産・相続問題・労働問題まで幅広く対応トップリーガルサービスを全国へ元ITエンジニアが代表弁護士を務める事務所顧問契約・出版実績多数あり誹謗中傷トラブルのエキスパート弁護士が在籍IT・インターネット関連事件専門の弁護士事務所
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索