誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

弁護士にホスラブの誹謗中傷の削除を依頼することは可能?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/23

ホスラブとは、匿名掲示板であるために、中には事実無根の悪口や非難中傷の書き込みがされることがあります。この場合、そのような非難中傷の書き込みを放置すると仕事に影響します。

そのために弁護士に相談をする方法が有効です。個人では対応できないことも弁護士に依頼することで得られるメリットを検討します。

非難中傷の書き込みは弁護士に相談しよう

ホスラブにはさまざまな情報の書き込みがなされています。もっとも、匿名掲示板なので中には事実無根の中傷非難の書き込みがなされるケースがあります。あまりにも悪質な書き込みを放置していると、顧客離れなど仕事に影響することがあります。

そのため弁護士に相談することが大事です。インターネットなどの不特定多数者が閲覧できる掲示板で、他人の悪口や非難中傷の文章を書き込むことは、名誉毀損罪や侮辱罪にあたることがあります。

ホスラブのサイト運営者に連絡をして当該書き込みの削除を依頼する方法がありますが、すぐに対応してくれないことがあります。そのため法律の専門家である弁護士に相談することで、自分に代わって運営者に、中傷非難の書き込みの削除について交渉をしてくれます。

それによって個人が1人で運営者に書き込みの削除を依頼するよりもスムーズに削除がなされます。それによりこれ以上、悪質な書き込みを信じる人がいなくなります。その書き込みが名誉棄損罪に当たる場合は、削除だけではなく、書き込みをした相手を特定して慰謝料請求をすることも可能です。

どのような文章が名誉毀損に当たるか

ホスラブにはさまざまな書き込みがありますが、その全てが名誉棄損に当たるわけではありません。そのため単なる書き込みで弁護士に依頼をしても削除ができないこともあります。

名誉棄損に当たる書き込みは、例えば個人名や源氏名を特定して、辛辣な悪口や仕事を手抜きしている等の非難や、お客を騙している等の非難中傷が名誉毀損に当たる可能性があります。

また名誉毀損の趣旨は、個人の名誉を守ることを主眼にしているために、その書き込み内容が嘘であっても、仮に事実であっても成立します。そのため、ホスラブで辛辣な非難中傷の書き込みを発見した場合は、弁護士に相談することを推奨します。大事なことは親身に話を聞いて、迅速に対応をしてくれる法律家を選ぶことです。

どのような弁護士に相談すると良いか

ホスラブで中傷の書き込みを発見した場合に弁護士に依頼するときは、名誉棄損問題に詳しいかどうかを調べましょう。

法律家にはさまざまな専門分野があるために、名誉棄損問題に得意な人に依頼するのが安心です。法律事務所を探す方法としては、知人からの口コミ評価の他にも、自分でホームページを調べる方法があります。

名誉棄損問題に詳しい法律事務所は、ホームページ上に過去の解決実績が掲載されていることがあります。過去にホスラブでの中傷非難の削除実績がある弁護士に依頼すると安心です。また自分の話をしっかりと聞いてくれる法律家を選ぶと良いでしょう。

インターネットで法律事務所を探す方法以外では、日弁連が主催している無料の法律相談を利用する方法が挙げられます。

 

ホスラブにはさまざまな情報の書き込みがなされています。もっとも、匿名掲示板なので中には事実無根の中傷非難の書き込みがなされるケースがあります。あまりにも悪質な書き込みを放置していると、顧客離れなど仕事に影響することがあります。

また名誉毀損で書き込みをした相手方に慰謝料請求をできるケースもあります。そのため弁護士に相談することが大事です。早めに相談をすることで、当該書き込みの削除を運営会社に交渉をしてくれます。

個人では対応をしてくれないことも、法律の専門家である弁護士が交渉してくれることで対応が迅速になります。

サイト内検索
記事一覧