誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所10選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷された時の法的措置とは?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/29

簡単にたくさんの情報にアクセスすることができ、さまざまな情報を気軽にアップすることが可能なインターネットは、書き込みなども気軽にできるため、他人の誹謗中傷などを書き込む人も増えてきています。

万が一、自分がいわれのない誹謗中傷をそのまま放置していると、いつまでもインターネット上に情報が残ってしまうので、注意が必要です。

見つけたらすぐに対応をすることが大切

インターネットで自分の名前を検索してみた際に、自分に対しての誹謗中傷が書き込まれていることを発見した場合には、すぐに削除をしてもらうために働きかけることが重要です。

また、必要に応じて、弁護士などの法律の専門家に相談をしながら、損害賠償請求等の法的措置などを検討することも大切になってきます。相手の見えないインターネット上の誹謗中傷であっても、ログなどを辿れば、書き込みをおこなった相手を特定することもできるので、すぐに行動を起こすべきでしょう。

自分一人では法的措置のおこない方がわからないことが多いので、法律事務所に相談をしてみると解決に向けた糸口を見つけることができます。

ネットトラブルが得意な相手に相談

最近はインターネットの利用者が増えていることもあって、ネット上でのトラブル案件を得意としている弁護士事務所の数も増えてきています。これから相談先の法律事務所を探しているという人は、なるべくインターネット関連、特に誹謗中傷に関するトラブルを処理した経験がある先生を見つけたほうが、解決が早くなるでしょう。

インターネットを利用することで、誹謗中傷トラブルを得意としている弁護士事務所も見つけやすくなっているので、まずは依頼先をしっかりと選定したほうが良いでしょう。法律事務所の中には初回相談を無料で受けてくれるところもあるので、気兼ねなく相談をすることが可能です。

謝罪文掲載や慰謝料請求などをする

ネット上での誹謗中傷の被害に遭ってしまった場合には、完全にインターネット上から情報をすべて消すことは難しいので、可能であれば、謝罪文等を同じサイトに掲載してもらうように要求すると良いでしょう。また、慰謝料請求なども念頭に入れて、毅然とした態度で法的措置を進めていくことが重要となります。

最近はインターネット上での誹謗中傷に関する裁判例も増えてきているので、慰謝料相場などもわかりやすくなってきています。弁護士に相談をする際には、きちんとどのような要求をしたいか、慰謝料請求をどの程度したいのかなどを、打ち合わせを通じて決めておくことが重要となります。

 

インターネットに変なことを書き込まれてしまう被害に遭ってしまう人も増えており、自分もいつ被害に遭うかわからないので注意が必要です。もし、誹謗中傷などを書き込まれてしまった場合、そのまま放置していても問題が解決することはありません。

そのため、弁護士などの法律の専門家に相談をしながら対応を考えることが大切です。相談先の弁護士事務所を探す場合、不慣れな法律事務所に相談をしても問題解決までが長引いてしまう可能性があるので、なるべくネットトラブルに慣れている相手を探しましょう。

きちんと法的措置を取ることで、誹謗中傷によるトラブルについても満足できる解決に向かっていくはずです。実績豊富な法律事務所のほうが、解決に向けたノウハウもしっかりとしていることが多く、こちらの希望通りの解決方法を提案してもらうことができることでしょう。

サイト内検索