誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

企業が誹謗中傷に強い弁護士と顧問契約するメリット

公開日:2019/03/05  

スマートフォンやパソコンなどを利用すれば、個人が簡単に自分に考えや意見を発言できる時代になりました。

場合によっては、発言がエスカレートしてしまい、特定の企業の誹謗中傷行為につながることもあります。

誹謗中傷問題に強い弁護士と顧問契約を結ぶと、依頼者は数多くのメリットを享受することができるでしょう。

 

迅速な対応をして貰うことができる

弁護士と顧問契約を結ぶと、自社の内情を把握してくれているので、問題解決のためにすぐに動いてもらうことができます。

顧問契約を結んだ弁護士は、誹謗中傷問題解決のための加害者への対応・書類つくり・裁判所への手続きなどに慣れています。

誹謗中傷に関する、法律や判例に精通しているので、最短で問題を解決するための具体策を提案してもらえます。

弁護士はもちろん、パラリーガルや一般事務スタッフも、この問題に詳しいので、早期に被害を救済してくれるでしょう。

弁護士は、他の案件の抱えていても自社のことを優先して問題解決にあたってくれることも期待できると言えます。

誹謗中傷問題を迅速に対応して被害を最小限にするために、土日祝や夜間の時間帯にも対応してくれることでしょう。

IT知識に精通している専門家などと必要に応じて連携することにより、迅速に問題を解決してくれることが期待できます。

これらのことにより、問題を可能な限り早期に沈静化させて、自社の損害を最小限にとどめることができるでしょう。

 

依頼者が選べる選択肢が多いことが魅力

違法行為を行った者を特定できる場合は、加害者に対してその行為をやめるように、直接交渉して貰えます。

サイトに誰かが書き込んだものであれば、サイト管理者に対してガイドラインにのっとった削除依頼を行うことができます。

また、自社の不利益な情報がインターネット上に出てきにくくするような対策を、この問題に強い専門家に相談して行ってくれます。

さらに、裁判所に対して、問題となるインターネット上の書き込みの削除を求める訴えなどを起こしてもらえます。

自社の被害をより最小限にすることができる、書き込みの削除を求める仮処分の申立てにも対応してくれます。

損害賠償をするために必要な加害者の住所や名前が特定できない場合、懇意にしている探偵などを使いつきとめてもらえます。

インターネット上の書き込みの場合、発信者情報を経由プロバイダに開示させるための訴えをおこすことも可能です。

加害者が特定できれば、自社が誹謗中傷によりこうむった損害の賠償を求める民事裁判を行うことができます。

これらの各選択肢は、それぞれメリットとデメリットがあるので、自社の置かれている状況によって選ぶといいでしょう。

 

問題解決のための費用を安くすることができる

誹謗中傷に強い弁護士と顧問契約を結ぶと、顧問契約外業務をお願いする場合の委任費用を安くしてくれることが期待できます。

委任する業務の数や難易度などにより、委任費用は異なりますが、数万円から数が十万円は安くなるでしょう。

自社だけでなく自社の関連会社の法的問題にも、通常より割引いた委任費用で受けてくれることも期待できます。

会社の内情や意向を弁護士は理解しているので、より経済的負担が少ない解決方法を提案してくれることでしょう。

顧問先が決まっていないと、弁護士探しのためのスタッフの人件費や交通費などのお金が必要になりますが、そういった負担を無くすことができます。

顧問契約をすると、誹謗中傷に関する相談・情報提供・チェックなどにかかる費用が無料になることもあります。

中長期的に考えた場合は、顧問契約を結ぶと問題解決のためにかかる弁護士費用を大きく抑えることができると言えます。

 

より誹謗中傷行為に強い弁護士を選び顧問契約を結ぶことは、自社の末永い発展を支えてくれると言えるでしょう。

顧問契約を結ぶとお金がかかりますが、その費用を上回る数多くのメリットが期待できるので、おすすめです。

サイト内検索
記事一覧