誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

弁護士に爆サイの誹謗中傷の削除を依頼することは可能?

インターネット上にはいろいろな掲示板がありますが、その中でも「爆サイ」は誹謗中傷のトラブルが多く発生しています。

そのまま放置しておくと次第に被害が拡大されていってしまうので、まずは早急に対応して記事削除をしてもらう必要があります。

爆サイって一体どういうサイト?

インターネットにはさまざまなサイトがありますが、爆サイは掲示板の一つで地域に特化しているというのが大きな特徴です。いろいろなカテゴリが作られている爆サイでは、水商売の女性が個人情報や写真を公開されてしまうという事案が多数発生しています。

またその場合は誹謗中傷なども多く、さらにプライバシーの侵害に当たる書き込みも決して少なくありません。もちろん地域ではなく日本という大きなくくりであればまだ良いのですが、このサイトは地域に特化しています。

だから、実名とかを出さなかったとしても、すぐに誰のことなのか特定されやすいというのも知っておくと良いでしょう。情報自体は良いものはなかなか広まりませんが、悪いものはまるで光のスピードで広まっていくことも少なくありません。

つまり、自分が隠していた情報も、こちらのサイトに書き込まれてしまったら、一気に拡散してしまう可能性があると言うことです。もちろんその書き込みが真実かどうかの証明はそこにはないので、そのまま無視しておくという選択肢もないわけではありません。

しかしそのまま放置しておくとどんどん情報が拡散されていき、実際の仕事・生活に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があります。

自分でなんとかするのではなく弁護士に相談しよう

実際に爆サイに誹謗中傷の書き込みがあった場合は、まずはその記事をなるべく早い段階で削除してもらうようにします。とはいえ、いろいろと注意することがあり、例えば利用規約に従って専用の削除依頼フォームを使わなければなりません。

ただ弁護士などに絶対に相談しなければならないわけではなく、依頼自体は削除依頼方法に従えば個人でもおこなうことはできます。しかし依頼を実行してもらえるかどうかは削除人が決めることなので、お願いしても決してもらえるとは限りません。

もちろん、個人情報や電話番号などは利用規約違反となるので、これらの情報自体は個人が依頼しても決してもらうことは可能です。しかし書き込みの内容自体は表現の自由で守られており、誹謗中傷だと訴えられても安易に消すことは難しいのです。

とはいえ、書き込まれた本人にとっては、そのまま放置しておくと日常生活にも支障をきたしてしまいかねません。だから、早急に対応してもらいたい、確実に消してもらいたいというのであれば、法的な根拠を持って申請するのが良いでしょう。

法的な根拠を持った削除の申請方法

実際に削除依頼を出す場合は、どうしてその記事を消してもらいたいのかという理由の提示が必要で、それが妥当だと判断されなければなりません。しかし該当する書き込みを見た感想は人によって違い、本人には誹謗中傷と感じることでも、人によっては批判と感じる可能性もあります。

またそもそも依頼する場合にどうしても感情的になってしまい、その結果爆サイ側から威圧的な内容によって営業妨害と判断されてしまうこともあるので注意しましょう。

この場合、申し出自体は妥当だったとしても、残念ながら記事は決してもらえなくなってしまうことを知っておくと良いでしょう。ではスムーズに、そして営業妨害と思われることなく該当する記事を消してもらうためにはどうすれば良いでしょうか。

おすすめの方法は、自分だけでなんとかしようとするのではなく、法律のプロである弁護士に依頼することです。そうすることで、法的な知識を用いて誹謗中傷かどうか判断してもらうことができるし、何よりその証拠を爆サイ側に提示してもらえます。

だから、もしも爆サイに誹謗中傷の内容を書かれてしまった場合は、諦めてそのまま放置してしまうのではなく、まずは弁護士に相談しましょう。また相談するサイは、ネットに強い弁護士や、爆サイに関する案件を扱ったことがある人に相談することをおすすめします。

 

爆サイ自体は地域に特化している掲示板なので、そこに誹謗中傷を書かれてしまうと結果的に個人を特定されてしまいかねません。したがって早急に該当する書き込みを消してもらう必要がありますが、その場合は自分で運営側に依頼することもできます。

ただその際はどうして消してもらいたいのか、その根拠を提示しなければならず、結果的に消してもらえないこともあるので注意が必要です。しかし弁護士に依頼した場合は、その書き込みの違法性を証明してもらうことができ、さらに法的な知識を用いて対応してもらえます。

したがって爆サイの誹謗中傷で悩んでいるときは自分でなんとかしようとせずに、弁護士に依頼するほうが良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧