誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所10選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷した加害者が未成年だった場合の罰則は?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/25

誹謗中傷とは、個人に対して攻撃をすることです。その攻撃は厄介で、ネット空間は世界中に情報が広がるだけでなく簡単に削除することができない点になります。そんな誹謗中傷において問題化しているのが、若年による数の増加です。

スマートフォンの利用数が増えているのが原因

若年層というのは6歳から18歳までの期間を指すのですが、なぜ誹謗中傷の数が多くなっているのかというとやはりスマートフォンの影響が大きいです。スマートフォンは社会に出ると必須ツールのため、小学生の間から操作に慣れさせようと小学校のうちから持たせるようになっています。

スマートフォンがあることによって緊急時の連絡網の構築に使えるので利便性があるのですが、ただ好奇心が旺盛で善悪の判断ができない年頃だからこそ悪意に目覚めると冷静になって止まることができないのです。

未成年でも刑事罰と慰謝料請求される

善悪の判断ができない年頃だと、ネット上に広がる情報をそのまま鵜呑みにして文章に書き込みをしてしまいます。注意しなければならないのは、その書いてしまった文章が虚偽だった場合においてです。

もし真意が定かではない文章を書き込んで後々に虚偽と分かった場合、当然ながら被害者としては生活を脅かし情報拡散に一役買ってしまった人間を許すわけにはいかないです。そのためネット上に書いた人間に対して、被害者は刑事告訴する権利が発生します。

未成年だからと罰則を受けないと思っている人間が多いが、それは誤りであり、未成年であっても法律の改正により罰則を受けることになります。罰則の内容は、名誉棄損による罰金規定と刑事罰です。名誉棄損による罰金既定の額というのは、最低でも10万円以上になるのです。

もちろん中学生や高校生が簡単に支払える額ではないので、慰謝料は基本的に責任者である親族が支払うことになります。そして文章の内容が被害者の生活を著しく影響を与えたと判断した場合は、未成年であっても逮捕されます。逮捕された後はなぜこのような文章を書いたのか事情聴取を書いた後に、今後再発しないように少年院に入れられて再更生を余儀なくされるのです。

あらかしめルール付けとネット教育が大事

善悪の判断ができない未成年者であっても、誹謗中傷を書いてしまった場合には慰謝料請求と刑事罰を受けることになります。そして当然ですが、犯罪を起こした人間として前歴がついて回ります。

当然ですが前歴がある人間は著しく社会的信用を失うので、高校や大学の復学だけでなく就職も難しくなってしまうのです。一度の誤りとはいえ、誹謗中傷を書くというのはそれだけデメリットがあるのです。

そのため誹謗中傷によるデメリットを起こさないためには、やはりスマートフォンを持たせることによるルール付けを反抗期があるとはいえ徹底させることが重要になります。スマートフォンを持たせるときには、通話とメール機能そしてインターネットを使うだけに限定するもしくはSNSを使う場合において一度でも相手を傷つけるような文章を書いたときにはすぐに削除させるだけでなく今後の使用を禁止するなどです。

もちろんルール付けだけでなく、やはり小学校のうちから家庭内と学校教育の一環としてSNSと誹謗中傷の危険性を教えることも大事になります。

 

情報共有サイトはとても便利ですが、ただ便利とは裏腹に誹謗中傷件数の数が増大しています。特に誹謗中傷を書く人間の比率で多くなっているのが12歳から18歳の若年層であり、善悪の判断ができないことそして好奇心が誤って書いてしまうのが原因です。

ただ誹謗中傷で実生活が侵害されるまでに至ると、相手は名誉棄損として書いた人間を罰則させることができます。それは未成年でも一緒であり、自身の親族だけでなく今後の人生にも大きく影を落とすことになるのでスマホを使ううえでのルール付けとネット教育の徹底が大事です。

サイト内検索