誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

弁護士に相談すると誹謗中傷対策をしてくれる?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/21

インターネットを利用したさまざまなサービスがあります。

ネット通販を利用する方や情報をチェックするのに利用する方、その他にもアプリなどを通じてゲームやSNSなどを楽しむなど人によって楽しみ方はいろいろあります。

便利なサービスが多いインターネットですが、コメントなどをすることで、ネット上にいる人達から誹謗中傷などを受けることもあります。

できればそのような事態は避けたいところですが、本人がたいしたことないコメントだと思っていても周囲から反感を持たれてしまうというケースもでてくるでしょう。

ネット上で不快な気分にさせられた方などが批判してくることもあるため、ネット上では注意が必要です。

一人でなんとかしようと無理をしない

ネット上で誹謗中傷を受けてしまうことで、自分と面識のない方からのコメントのためどのような人物かも判断がつきません。

相手の正体がわからないというのは、非常に不安を感じてしまうものです。

そのため、自分でなんとかしようと反応を返してしまうことやサイトにコメントの削除依頼などするという方もいるでしょう。

反応を返してしまうことで状況が好転することもごくまれにありますが、かえって状況が悪化するということも少なくありません。

また、サイト側にコメント削除の依頼をしてもなかなか対応してくれないという可能性もでてきます。

このようなネット上のトラブルとなった際に、あまり時間をかけてしまうとその場だけの問題ではなく、他の人が情報を拡散してしまう可能性もでてきます。

拡散されてしまうと、さらにトラブルが拡大してしまうケースもでてくるため、できるだけスムーズな解決を図るために行動していくことが重要です。

専門家を頼るようにするのも大切

弁護士は、法律に関して詳しくネットの問題に強い方に依頼することで、ネット上のトラブルなどを解決してもらえる可能性があります。

自分一人で解決したくても限度がある点からも、誹謗中傷などのトラブルの場合には、専門家に依頼して対策をしてもらうといいでしょう。

依頼することでどのような対策をしてくれるかというと、ネット上に誹謗中傷の書き込みがあった場合の書き込み削除投稿者の身元の特定損害賠償慰謝料の請求などです。

自分に対してのコメントなどでいつまでもそのコメントを残しておきたくないという場合には、書き込みに関しての削除をしてもらうというのは重要です。

そのコメントが掲載されているサイト管理人へ削除要請をしてもらえる、サイト側が応じなければ裁判所から書き込み削除を訴えてもらえるなど効果が期待できます。

相手を訴えたいという場合には、相手の身元の特定などが必要です。

投稿者に関して情報開示請求ができる点も弁護士に依頼することで可能となります。

その他にも、身元を割り出し後には、損害賠償や慰謝料の請求ができる点もメリットといえるでしょう。

個人ではなかなかできないことであってもできる

ネット上のトラブルに関して弁護士に対策してもらえるというのはとても心強いものです。

個人でなんとか対処しようとしてもなかなかうまくいくものではありません。いくらか費用がかかっても専門家を頼るということは大切だといえます。

スムーズな解決を図るという意味でもメリットは大きいため依頼して対処してもらうようにしましょう。

依頼する場合には、ある程度ネットで情報をチェックしてネットの問題に強い専門家を選ぶということも大切です。

 

ネット上ではいつトラブルに巻き込まれるかわかりません。

自分では予想もしなかったことでも巻き込まれてしまうことで生活上、精神面などに悪影響となる可能性もでてきます。

日ごろからそのような事態にならないように注意することも大切ですが、トラブルとなった場合には、スムーズな解決のために弁護士などの専門家を頼りきちんとした対策をとりましょう。

サイト内検索
記事一覧