誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所10選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷に関する法律とは?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/17

この社会の中ではさまざまな人たちがいて、ときに人を傷つけたりしてしまうことも往々にしてあります。最近ではパワハラ問題もかなり多く、このような行為が深刻な問題に発展するケースも多く見受けられます。これらは誹謗中傷と言われるもので、ここでは誹謗中傷に関する法律について記述します。

精神的に追い込むような言葉は法的に罰せられるべき

まず、誹謗中傷とはいったいどんなものなのか、これを理解しなければ始まりません。誹謗という言葉も中傷という言葉も意味合いは同じです。ようするに何の根拠もなく人の悪口を言って嫌がらせをして傷つける行為になります。

単純に悪口と言ってもこれにはさまざまなものがあり、本人が耳にしても軽く流せるようなものであれば何の問題もないでしょう。でも、その言葉によって精神的な苦痛を受けてしまうようなものであれば、これは法律でも厳しく取り締まる必要があるのではないでしょうか。

人の心というものは決して目で見ることはできませんから、心の中で苦しんでいる場合もあるわけです。こうした精神的な苦しみは改善させることが難しいとも言われていますし、重大な結果を招いてしまう可能性も大いに考えられます。

近年ではパワハラなどが問題になっていることからも分かるように、人を精神的に追い込んでしまうような行為は法的に罰せられるべきなのです。

誹謗や中傷を罰する法律にはどんなものがあるのか

それでは誹謗中傷に関する法律というものにはいったいどんなものがあるのでしょうか。結論から言いますと、名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪や業務妨害罪などの罪に問われる可能性があります。

名誉棄損というものは、こいつは前科があるとか、不倫しているとか、公然の場で具体的な事例を言った上でその人の評判を落とすような行為です。これはよく耳にすることがあります。テレビのニュースやワイドショーなどでも多く取り扱われている罪です。

侮辱というものは、こいつは性格が暗いとか、裏で何をしているか分からないとか、名誉棄損のように具体的な事例を言わないでその人を侮辱するような行為になります。信用毀損や業務妨害とは、根拠のない虚偽の噂などを流したりして他人の信用を著しく毀損したり、あるいは業務を妨害するような行為です。

インターネットでの誹謗や中傷も法的に罰せられる

現代はインターネットが誰でも自由に使うことができる便利な時代です。こうしたネットの中にも誹謗中傷をされて悩んでいる方も少なくありません。

たとえば、SNSで会社の信用に関わるようなことを書かれてしまうとか、掲示板で根も葉もないことを書かれてしまうとか、今はよくある問題です。もちろん、会社だけの問題ではなく、個人にしても同じく頭を抱えている方も少なくないでしょう。

このようにインターネットの中で誹謗中傷の被害を受けてしまった場合、多くの人はいったいどのように対処すればいいのか、その手段を知らないというのが実状なのではないでしょうか。インターネットで誹謗中傷された場合の法的処置も、前述した名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪や業務妨害罪などの罪に問われる可能性があります。

法的な対処を避けたいというのであれば、書き込みを削除するという手段もおすすめです。ただし、この方法はサイトの管理者や書き込みをおこなった人に対して削除依頼をしなければなりません。それで断られたり無視されてしまうと、問題は解決できなくなります。その場合はやはり警察に通報するか、あるいは弁護士に相談するなどの法的な手段をとることになるでしょう。

 

世の中には精神的な苦痛を強いるような誹謗中傷をされて悩んでいる方も少なくありません。こうした誹謗や中傷で被害にあった場合、これに対処する法律にはいったいどんなものがあるのでしょうか。このような誹謗中傷に関する法律には、名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪や業務妨害罪などがあり、場合によってはこれらの罪に問われる可能性があります。

また、今はインターネットでの誹謗中傷も多く発生しているのが現状です。書き込みを削除してもらうことができればいいのですが、そうでない場合にはやはり法的な処置をとることになります。