誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所9選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

アメブロで誹謗中傷記事を発見!損害が出る前に削除依頼を出そう!

公開日:2022/09/01  最終更新日:2022/08/24


アメブロといえば芸能人や有名人も利用することで有名なブログサービスです。誰でも簡単に利用でき、多くのユーザーに記事を見てもらって「いいね」やフォロー件数を伸ばしてブログを育てる楽しみがあります。人気のアメブロだからこそ、ユーザーも多く、中には誹謗中傷記事を発見することも。今回は損害が出る前の対処方法をご説明します。

アメブロで起こりやすい誹謗中傷や営業妨害

アメブロ(正式名称アメーバブログ)で誹謗中傷や営業妨害が起こる状況として、知人や有名人など、気に食わない相手に大きなダメージを与えることを目的とした「悪口専用ブログ」を第三者が起ち上げることが想定できます。誹謗中傷する対象者の個人情報や写真などを無断で掲載して反応を楽しんだり、場合によっては本人になりすまして悪意のある偽情報を投稿したりするという攻撃方法も考えられます。

ターゲットが何らかの営業活動をしている場合、ありもしないフェイクニュースを書き込むことで名誉棄損したり、風評被害を起こしたりすることで営業妨害することも可能です。アメブロではブログ記事ごとにコメント欄が設けられています。閲覧者とのコミュニケーションを目的としたサービスで、閲覧者はコメント欄に投稿することで、ブログの管理者にメッセージを届けることができます。

このコメント欄にスパムを投稿したり、悪口や嘘の情報を書き込んだりすることで他の閲覧者に対してターゲットの印象を悪く操作することも可能です。ブログ管理者の承認を受けたコメントのみを掲載するという形もとれますが、悪意のあるコメントに目を通すことはブログ運営のモチベーションの低下につながります。

アメブロの誹謗中傷に関する利用規約

アメブロを運営するサイバーエージェントでは、アメブロの利用規約として、個人への中傷や嫌がらせを行わないよう呼び掛けています。また、他の利用者が不快になるような投稿も禁じています。個人への中傷・嫌がらせとして、侮辱・恐喝・個人情報の掲載といった行為が含まれます。

また、他の利用者が不快になるような投稿の例として、特定の個人・団体に対する出身・性別・民族・宗教・性的思考などを根拠とした中傷や差別的表現、過度に暴力的・残虐・グロテスクな表現、ポルノや性的コンテンツなどの表現を上げています。

これらの禁止事項を行った場合には、投稿記事やメッセージの削除といったペナルティを受けることになります。また犯行予告など緊急の対応が必要な場合には警察に相談することをアドバイスしています。

アメブロで誹謗中傷されたときの対処法

アメブロで誹謗中傷記事を発見した場合には、損害が出る前に削除依頼を出すことから始めましょう。アメブロの利用者同士は、直接メッセージ機能を使うことでコンタクトをとることが可能です。記事を投稿したブログユーザーに対して、該当記事(記事URL)、記事中のどの部分が問題となっているか、その記事によって発生する被害について、感情的にならずにわかりやすく伝えることが重要です。

場合によっては、誹謗中傷記事を掲載したユーザーも他のブログから得た情報を鵜呑みにて記事を掲載・二次転載した可能性もあり得るからです。その場合には、元情報をどこで入手したのか経路について確認し、誹謗中傷の八宣言に対しても同様の対処を取る必要があります。

ブログユーザーにメッセージを送っても記事削除などの対応が取られなかった場合には、アメブロの運営会社に直接記事削除を依頼しましょう。権利者向け窓口で所定フォーマットに従い、被害情報を報告します。被害報告を行うと送信防止措置の申出を求められるので、手順に従い依頼書に必要事項を記入し、必要書類を揃えた上で直接郵送を行います。

被害が悪質な場合や、拡散の度合いが高いなど、どうしたらよいかわからないような状況によっては、ネット中傷の削除を得意とする弁護士法人に相談することも有効です。被害状況に合わせて、迅速かつ適切な対応を行ってくれることが期待できます。

まとめ

アメブロは誰でも無料で気軽に始められるウェブログサービスとして人気です。利用者が多さゆえに、誹謗中傷の温床としての側面もあります。悪口を書かれたり、事実無根の嘘を掲載されたり、個人情報掲載などによる名誉棄損・風評被害などを受けた場合は、記事を執筆したユーザーに対して削除依頼を出しましょう。相手が削除に応じなかった場合には、アメブロの運営会社であるサイバーエージェントに記事削除依頼の手続きを取ります。弁護士に相談することで迅速に問題を解決することも可能です。

誹謗中傷・風評被害対策におすすめな法律事務所10選!

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
9
会社名弁護士法人アークレスト法律事務所虎ノ門法律特許事務所小屋敷総合法律事務所アーネスト法律事務所東京双葉法律事務所律事務所アルシエン大本総合法律事務所サイバーアーツ法律事務所戸田総合法律事務所
業務領域IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から不動産・相続問題・労働問題まで幅広く対応誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応顧問契約・出版実績多数ありトップリーガルサービスを全国へIT・インターネット関連事件専門の弁護士事務所誹謗中傷トラブルのエキスパート弁護士が在籍
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索