誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所9選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

風評被害につながる「デジタルリスク」の対策をしよう!

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/09


インターネットやSNSが普及した現在では、デジタルリスクの対策に力を入れる企業が増えてきています。デジタルリスクについて聞いたことがあるけど、なぜ対策をしたらよいか分からない方もいるのではないでしょうか?ということで今回はデジタルリスクとはどんなものか、ITリテラシーを高める必要性について解説していきます。

デジタルリスクとは

デジタルリスクとはWebやSNSなどを通じて起こるデータ改ざんや情報漏洩、風評被害を指します。このような事象は企業にとって直接的に影響を及ぼすため、デジタルリスクから守るリスクマネジメントを行う必要があります。

ITリテラシーとは

デジタルリスクを減らすためには、ITリテラシーを高める必要があります。ITリテラシーとはITに関する理解を深め、適切に取り扱うスキルのことです。ITリテラシーを高めることでデジタルリスクを防ぐ効果的な手段になります。ITリテラシーを高めておかないと、どのようなリスクがあるのか次の見出しから解説していきます。

ITリテラシー欠如していると起こること

・単純なリスクが高まる
リテラシーが欠如している社員がいると、スパムメールや悪質なURLを開いてしまい、ウイルスに感染する可能性があります。また個人情報や機密情報を抜き取られてしまうこともあるため、ITリテラシーは高めておく必要があるでしょう。

・一部の従業員の負担が重い
ITリテラシーが一部の従業員だけ高いのもよくありません。なぜならITリテラシーがない社員が、周りの従業員を頼るようになるからです。ITリテラシーを高める場合には、社員全員のリテラシーを高めるようにしましょう。

デジタルリスクマネジメントをしよう

一般的にITリテラシーは以下の3つに分けられます。

・情報基礎リテラシー
・コンピューターリテラシー
・インターネットリテラシー

情報基礎リテラシーというのは正しい情報を適切に判断し取捨選択する能力です。現代社会では正しい情報と間違った情報が混在しています。必要な情報を抜き取り適切に利用する能力は必要不可欠です。

次のコンピューターリテラシーについては、pcやスマートフォンなどを操作するスキルです。コンピューターリテラシーについて知っているとWeb制作やSNSでの情報拡散が速くなり売上向上につながります。

最後にインターネットリテラシーですが、これはインターネットを活用するためのスキルで、SNSを使った商品紹介や、Web制作、インターネットによるトラブル回避などに役立ちます。

ITリテラシーを高めるメリット

・情報資産を守れる
情報資産が守れることがITリテラシーを高める一つ目のメリット。ITリテラシーが高ければ機密情報などを抜き取られる可能性が減少するでしょう。

・商品やサービス力が向上する
インターネットやPCを有効に活用できるようになれば、インターネット上でマーケティングを行ったり、新規顧客を獲得したりできるようになります。

万一のときに備えて風評被害の得意な弁護士を調べよう

もし風評被害に遭ってしまった場合は、個人で対応するのではなく会社全体で対応することが必要です。SNSやインターネット上での風評被害が増えています。もし遭ってしまった場合には、風評被害の実績が多い前後しなどに相談するようにしましょう。

 

今回はSNSやインターネット上で起こるデジタルリスクについて解説してきました。デジタルリスクについて対策していないとデータ改ざんや漏洩が起こる可能性があります。また会社のなかの一人がリスク管理できていても、全員ができていなければ意味をなさないため、会社全体で取り組むことが大切です。

誹謗中傷・風評被害対策におすすめな法律事務所10選!

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
9
会社名弁護士法人アークレスト法律事務所虎ノ門法律特許事務所小屋敷総合法律事務所アーネスト法律事務所東京双葉法律事務所律事務所アルシエン大本総合法律事務所サイバーアーツ法律事務所戸田総合法律事務所
業務領域IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から不動産・相続問題・労働問題まで幅広く対応誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応顧問契約・出版実績多数ありトップリーガルサービスを全国へIT・インターネット関連事件専門の弁護士事務所誹謗中傷トラブルのエキスパート弁護士が在籍
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索