誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷をするとどのような罪になる?

誹謗中傷は罪に問われることがあります。

実際に刑事告訴されている例もあります。

法律的に言えば名誉毀損などで刑事告訴することが出来ます。

刑事だけではなく、民事でも告訴することが可能です。

事実であることでも名誉毀損として成立します。

例えばインターネット上である人物に対して前科者だと誹謗中傷した場合でも名誉毀損が成立します。

時効もあるということを知っておく

名誉毀損が成立する場合は、時効内であることも重視されています。

名誉毀損の時効は3年です。

3年前に批判されている場合は名誉毀損が成立しないこともあります。

また、親告罪ということもあり批判された人が告訴する必要性があるので注意が必要となっています。

3年というのは、あくまで刑事告訴に関する部分です。

民事告訴であれば3年が過ぎても告訴することが出来ます。

他には、侮辱罪という法律などもあります。

この法律は抽象的な誹謗中傷でも成立するという点が名誉毀損と大きく違います。

事実ではないこことも侮辱罪であれば成立するという点が特徴となっています。

インターネット上でも気を付ける

最近ではインターネット上の発言で告訴されている人が増えています。

ほんの少しの発言でも名誉毀損として成立している例があるので注意して書き込みなどをすることが大事です。

良識的な判断をするということがインターネットのような匿名の場所でも重視されています。

弁護士が告訴すれば、住所や氏名などの個人情報をすぐ開示することが出来ます。

刑事告訴されれば捜査機関が逮捕することも可能です。

インターネットも法律的に厳しい世界となっています。

匿名性は通用しない部分もあるに関して

匿名性が通用するということがインターネットの世界でした。

書き込みなども自由に行うことが出来るという点が良い部分でもあり、悪い部分でもあります。

現在では人を特定して批判するということに関してとても厳しい対応がされています。

名誉毀損などで告訴されているケースも増えています。

インターネットに強い弁護士なども出てきているということから、今後はこうした告訴も増えていくと予測されています。

名誉毀損などは事実でも成立するという法律なので、事実であればどんなことを言ってもかまわないという考えは大きく間違っています。

事実でも社会的な地位を陥れることを公的な場で発言するということは違法行為として認められています。

刑事では問えなくてもプライバシーの侵害ということで民事告訴する方法などもあります。

民事告訴されると慰謝料などを請求される可能性があります。

まとめ

インターネットが便利なものとなっているので、利用している人も増えています。

好きなように書き込みをすることが出来るという点なども大きな魅力です。

ただ、人を中傷するような書き込みをすることは名誉毀損になることがあります。

名誉毀損は事実でも成立することがあります。

過去のことに関して、事実であっても中傷してはいけないということが法律で定められています。

事実でも公表されることでその人の社会的な地位やイメージが傷つくということは多々あります。

公表することによって、不利な立場になる人もたくさんいます。

インターネットでも名誉毀損となることは書かないということがとても重要です。

最近ではニュースなどでも、多くの関連した話題が扱われています。

専門的な弁護士なども出てきているということから、告訴なども増えていくとされています。

インターネットを利用している誰もが、こうした名誉毀損に巻き込まれる可能性があります。

加害者になる可能性も被害者になる可能性もあるので、注意してインターネットは利用することが求められています。

匿名性があるインターネットの世界でも告訴された場合は、個人情報が開示されてしまいます。

サイト内検索
記事一覧