誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷の基準を知っておこう

近ごろ、SNS等の大人気から、誹謗中傷に関しての出来事が非常に多く発生しています。

元を正せば誹謗及び中傷は別の用語であり、誹謗については根拠がない悪口などによって他の人を罵り名誉を汚すことを意味し、中傷については、根拠がない嫌がらせを行うことといった主旨があります。

今日では、2つをまとめた誹謗中傷というキーワードを根拠がない悪口などによって名誉を汚すことといった意味合いで取り扱っています。

こうした行為は不法行為であり、名誉毀損侮辱罪さらに業務妨害罪といったいろいろな罪に問われるものになります。

インターネットなどによって発したケースでも、相手方に損害を与えたケースや業務に支障をきたすケースでは、罪に問われます。

該当するか否かの判断材料に関して

現実的にどういったものが誹謗中傷にあたるのかという基準の理解が重要になります。

発せられた中身や記された中身が、真実かどうかでジャッジされます。

とりわけ、公然で為された行為か否かもポイントであり、不特定多数が見聞きするネットも公然の範囲に入ることになります。

罪とまではいかなくても、悪口等も中傷のひとつです。

非常に多くのコミュニティサイトでは規約違反となっています。

加えて、判断材料として、中傷を受けた人がどういうふうに判断するかが大事になってきます。

変わらない言葉でも各人各様受け取り方が全く違うので、意図と違っても、中傷にあたるケースもあります。

ネット上の誹謗中傷の扱いについて

インターネットについては、どんな人でも発信者になることができる空間といえます。

思うままに身を以て感じ取った事、考えたアイデアをインターネットへと投稿する事ができ、今の時代は老若男女関係なしで、掲示板、あるいはSNS等を有効に活用して交流しています。

しかしながら、ユーザーが増えてきた結果、中傷のさまざまなトラブルがここにきて相当発生しています。

インターネットを通しての中傷はどういった罪に当てはまるのか、疑問点に感じられる人も多いに違いありません。

実際のところケースバイケースで判定されますが、多くは名誉毀損といった罪に当てはまります。

個人の名誉を毀損した場合、表現の自由という権利に比べて、被害者保護が最優先されることになり、中傷の書き込みを何回も行ったインターネットのユーザーが加害者という形で、警察によって事情を聞かれる事も少なくありません。

インターネットの誹謗中傷は刑事罰対象の可能性がある

あらためていうまでもなく、ネット空間自体はバーチャルな存在といえます。

しかしながら、時代も変化して現実社会と親密に関わりあっており、インターネットの空間において為された中傷や名誉毀損に関しては、刑事罰対象となる可能性が大きくなっています。

とりわけ特定個人をしつこく中傷したケースについては、もうすでに刑事罰の対象になっています。

元を正せばインターネットの空間とは閉鎖的な所ということではなく、あらゆる国の利用者が思うままに必要な情報にアクセスできるコミュニティといえます。

その結果、かりに自分自身のBLOGやSNSのメッセージ欄であっても、他の人を中傷の書き込みを反復した場合は、現実の世界と同じく刑事罰の対象ということになります。

まとめ

誹謗中傷と言いましても、一切合切同じ罪に問われるわけではありません。

その内容により名誉棄損罪や信用棄損罪といった罪に問われることになります。

名誉棄損罪については不特定多数に中傷された人が触れられたくない事実を拡大されて傷つけられたときに問われることになります。

内容は事実であるかは問われることはありませんが、ひとつの例としてレビューなど意見もしくは感想を記載した批評であるなら名誉棄損になりません。

加えて、公的な利益を考慮して意図して真実を明確化しなければいけない時にも中傷とはならないことから、新聞記事が名誉棄損にはあたらないとされることもありえます。

以上の様に、誹謗中傷の基準をしっかりと理解しておくことが重要になります。

サイト内検索
記事一覧