誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所5選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

誹謗中傷で訴えられてしまった場合はどうすればいい?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/11

SNSや掲示板などに自分の考えを投稿した結果、誹謗中傷行為をされたと訴えられてしまうことがあります。

普通の人は、訴訟を経験することは多くはないので、誹謗中傷で訴えられたら戸惑ってしまう人もいるでしょう。

ここでは誹謗中傷で訴えられて場合の被害を最小減にすることができる、おすすめの方法を紹介しています。

 

裁判所からの書類をまず確認する

訴訟になった場合は、裁判所から口頭弁論期日呼び出し状、訴状、答弁書催告状、などが特別送達で送られてきます。

特別送達で来たものを無視してしまうと、裁判所の判断で被告が知らいない間に訴訟が進行されてしまうこともあるので注意が必要です。

その場合に、原告の主張に対して自分の言い分を言ったり証拠を出したりすることができずに、不利になることがあります。

訴状に記載されている、原告が主張している誹謗中傷に該当する事実に身に覚えがあるかをよく確認した方がいいでしょう。

裁判を起こされたとしても、相手の言う事実がなかったり違法行為に該当しなかったりした場合は、原告の主張が棄却されることになります。

想定される原告の主張は、誹謗中傷により精神的苦痛を受けたので、被告に対して慰謝料を請求してくることです。

また、誹謗中傷が原告の名誉を毀損したとして、被告に対して謝罪広告の掲載などの対応を求めることもあります。

 

法律の専門家の弁護士に相談する

指定された口頭弁論期日に、簡易裁判所か地方裁判所に行き自分の主張を法廷で、裁判所に伝えることになります。

この前に誹謗中傷問題に強い弁護士に相談して「どういった対応した方がいいのか」を相談するといいでしょう。

弁護士は、関連する民法などの法律や過去の誹謗中傷に関する判例などから、判決になった場合の大体見通しを踏まえてアドバイスしてくれます。

訴訟進行に関しては本人が対応することはできますが、敗訴リスクなどのことを考えたら弁護士に相談した方がいいでしょう。

弁護士に依頼した場合、着手金・成功報酬・収入印紙代などを支払うことになりますが、得られるメリットは多いです。

委任費用を用意できない場合は、法テラスに相談すれば費用を立て替えてもらえる場合がありますので、相談してみるといいでしょう。

法テラスは、訴訟に関する各制度の紹介をしてくれる公的な機関なので、何か困ったことが起きた場合に頼りになる存在です。

 

弁護士にかわりに対応してもらう

弁護士と委任契約をすれば、自分のかわりに準備書面などの書類を作成してくれたり、口頭弁論期日に行ってくれたりします。

委任契約をした際に、「自分はこの裁判に対してどの様な結果を希望するのか」を弁護士に伝えれば、後は上手く対応してくれるでしょう。

弁護士からは、どういった書類をつくったのか・原告からどういった書類が出されたのか報告されるので、確認しましょう。

各口頭弁論期日には必ずしも行く必要はありませんが、当事者尋問が行われる場合は裁判に行く必要があります。

当事者尋問の結果は、証拠の一つとして扱われ判決に影響を与えるので、弁護士とよく相談した方がいいでしょう。

よく当事者審問の前と後の段階で和解案を裁判所か原告から出されることがあるので、話し合いによる決着を希望している場合は弁護士に伝えるといいです。

和解を行うと上訴されなく済むので、新たな費用がかからないなどのメリットがあるので、積極的に検討してみるといいかもしれません。

ただ、自分の正当性を確認したい場合や相手との和解をしたくない場合は、判決による決着でもいいでしょう。

 

SNSや掲示板などの投稿時に、日ごろから自分の発言に注意して、訴訟に巻き込まれない様にするのが一番です。

ただ万が一訴訟に発展した場合は、弁護士に依頼することで自分の生活をそのまま維持しやすくなるのでおすすめです。

サイト内検索
記事一覧