誹謗中傷や風評被害対策に評判の弁護士事務所10選をご紹介!ネットやSNSでの被害にお悩みの方におすすめの法律事務所を比較!

モノリス法律事務所の画像1

おすすめポイント元ITエンジニアが代表弁護士を務める事務所

比較ランキング第7位はモノリス法律事務所です。モノリス法律事務所はメトロ丸の内線ほか大手町駅直結・JRほか東京駅からも徒歩1分の朝日生命大手町ビルにある弁護士事務所です。IT企業をメインに東証一部上場企業をはじめとする約60社の顧問弁護士(役員,執行役員)を務めています。

代表弁護士の河瀬 季(かわせ とき)先生は元ITエンジニア。そのためネット上の誹謗中傷・風評被害対策やシステム開発に関連する紛争など、IT・インターネット関連の業務、ベンチャー法務を中心として手がけ、計・約100社のクライアントに対して法務サービスを提供しています。

IT・インターネットビジネスに特化しているのが大きな特徴です。いまどきの、時流に適合した弁護士事務所と言えるでしょう。

代表弁護士はNHKドラマの原案も手がけている

モノリス法律事務所の画像2
ご本人の実力はもちろん「元ITエンジニア」という、いかにも現代らしい経歴が華を添えて、モノリス法律事務所の代表弁護士の河瀬 季(かわせ とき)先生は何かと話題を呼ぶ方です。最近では2017年に出版された著書『デジタル・タトゥー』が、NHK総合の同名の土曜ドラマの原案となって、またも話題を呼びました。

『デジタル・タトゥー』が意味するものは「ネット上に書き込まれて、なかなか消せない誹謗中傷・個人情報・画像」。こうした被害を「肌に刻まれたら、なかなか消すことができないタトゥー(入れ墨)」になぞらえた新語です。

河瀬先生自身が仕事を通して見てきた、さまざまなネット風評被害が生かされて、ことさらに緊張感のあるドラマに仕上がっていました。本物の迫力が伝わってくる、非常に興味深い社会派ドラマ作品と言えます。

注目度の高い方が代表弁護士を務めているだけに、モノリス法律事務所は、より責任感を持って事件処理に当たってくれることでしょう。

IT・インターネットビジネスに特化した事務所

モノリス法律事務所の画像3
弁護士はとくに手がける分野を限られている訳ではありません。資格さえあればとんな分野の事件も担当することが可能です。

しかし、モノリス法律事務所は、はっきりと「当事務所はIT・インターネットビジネスを中心業務とする法律事務所です」と自社サイトに謳っています。代表弁護士・河瀬 季先生は小学3年生からプログラミングをはじめ、大学入学直後からフリーランスのITエンジニア・ライター業務やIT企業経営を経て、東京大学大学院法学政治学研究科に入学し弁護士に転身した方です。

それだけにモノリス法律事務所はIT・ネット分野に専門性を発揮。東証一部上場企業からシードステージのベンチャーまでIT関連企業をメインとする顧問などの業務、上場企業による1億円以上の投資案件、ベンチャーによるサイトM&Aなどのビジネスに関する業務を展開しています。

はっきりと「IT・ネット分野に強い」と宣言できる弁護士事務所であるモノリス法律事務所なら、安心してネット風評被害対策を依頼することができますね。明確な得意分野があるというのは、あらためて大切なことだと思います。

モノリスの風評被害対策

モノリス法律事務所の画像4
「風評被害の調査解決はIT弁護士の専門領域」。モノリス法律事務所は自社サイト上でそう言い切っています。その根拠はどこにあるんでしょう。

□風評被害対策には3つの側面がある
ネット上の風評被害対策には「IT技術で解決できるもの」「法的手続きで解決できるもの」があります。それらはそれぞれが得意な弁護士、いや、前者であればIT業者でも解決できるかもしれません。

しかし、現状では「ふたつの分野、双方に強みがないと対策できない事件」もあります。それはモノリス法律事務所の専門性がもっとも発揮される事件と言えるでしょう。

ワンストップサービスでどちらにも対応してもらえる(使い分けができる)弁護士事務所に依頼すれば、<ネット上の風評被害対策の3つの側面すべてをカバーできることになります。できればモノリス法律事務所のようなIT関係に万能な事務所に依頼したいものです。
例)・IT技術で解決:逆SEOで風評被害サイトの検索順位を押し下げる
・法的手続きで解決:仮処分手続で風評被害サイトを削除する

□風評被害書き込み・記事の削除
当該の書き込み・記事の削除は裁判外での「送信防止措置請求」または裁判・すみやかな「仮処分」という手続きで裁判所を通じて行われます。ほかの業者や弁護士事務所で削除不可能だった件案についても、モノリス法律事務所では削除できたという成功例も多数あるのが特長のひとつと言えるでしょう。

□削除実績のあるサイト

・掲示板サイト系
『2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)』『Google検索結果』『Yahoo!ファイナンス』『食べログ』『Amazonカスタマーレビュー』『ガールズちゃんねる』『爆サイ.com』『マンションコミュニティ』『ホストラブ』そのほか。

・ニュースサイト
『朝日ドットコム』、かxそのほか。

・そのほかサイト
『Yahoo!知恵袋』『NAVERまとめ』『電話番号検索(jpnumberほか)』『2ちゃんねるコピーサイト(みみずん、ログ速ほか)』『ライブドアブログ』『FC2ブログ』そのほか各ブログサイト、独自ドメインサイトなど。

□削除内容
「ブラック企業という悪評」「商品に関する誹謗中傷」「犯罪を行った・反社会勢力との関係性などに関する虚偽」「ステルスマーケティングを行ったとする虚偽」「前科に関する記事」「人格の否定」「著作権の侵害」「商標権の侵害」「肖像の権侵害」「なりすまし行為(ブログやSNSにおいて、他人が本人であるかのように情報発信する行為)でのデマ拡散など。

<ステルスマーケティングとは>
宣伝と気付かれないような宣伝行為をすること。「出店されたばかりの新規店舗に人が行列して話題を集めたが、実際はアルバイトを動員して意図的に行列を演出していた」というような自作自演的行為が典型例。ステマと略されることも多い。

□デジタル・タトゥーの削除
一度入れると整形などでもなかなか消せない入れ墨(タトゥー)。一度公開されると、残り続けてしまう誹謗中傷・個人情報・画像などを入れ墨に例えて「デジタル・タトゥー」と言います。

ひとつのサイトで削除してもミラーサイト(元サイトのすべて、もしくは一部が同一の内容を持つウェブサイト)や、その情報がほかのサイトに転載される「拡散」などによってなかなか完全に削除することがむずかしいデジタル・タトゥー。モノリス法律事務所はIT技術を用いた検索エンジン対策技術を背景にデジタル・タトゥーの削除にも豊富な実績を持っており、同名のNHK連続ドラマ『デジタル・タトゥー』の原作者はモノリス法律事務所・代表弁護士の河瀬 季(かわせ とき)先生です。

モノリス法律事務所の【料金案内】を見てみる

モノリス法律事務所のまとめ

モノリス法律事務所をご紹介しました。特徴をまとめてみましょう。

代表弁護士が元・ITエンジニア

IT・インターネット関連の業務が中心で、そこに特化した弁護士事務所。

ネット上の風評被害対策には「IT技術で解決できるもの」「法的手続きで解決できるもの」「双方を駆使しないと解決しないもの」があり、それらを使い分け、ワンストップで提供可能。

IT・インターネット関連のトラブルが多様化している昨今。モノリス法律事務所には非常にニーズが高い時代と言えるでしょう。

モノリス法律事務所を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

ITや会社関係に強み

代表弁護士は弁護士になる前は、ITでの起業経験があり、ITや会社経営に関する法律トラブルならココ!といった感じです。

引用元:https://goo.gl/maps

→口コミにもあるように、モノリス法律事務所は「IT・インターネットビジネス」に特化した法律事務所です。

というのも代表弁護士である河瀬先生は元々エンジニアであるため、その時の経験を活かしてネット上での誹謗中傷・風評被害対策やシステム開発に関するトラブルに対しての法務サービスを提供できているのです。

基本的に弁護士はさまざまな分野を担当することが多いですが、モノリスはIT・インターネット特化型という明確な強みを持っていますので、事例によっては非常に頼りになる事務所だといえるでしょう。

モノリス法律事務所へのアクセス

住所:東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル21F
最寄り駅:東京駅 徒歩3分

サイト内検索

誹謗中傷・風評被害対策におすすめな法律事務所10選!

イメージ1
2
3
4
5
会社名アークレスト法律事務所虎ノ門法律特許事務所小屋敷総合法律事務所東京双葉法律事務所アーネスト法律事務所
業務領域IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応IT・ネット上の誹謗中傷・風評被害対策に特化誹謗中傷対策から離婚問題・債務整理まで幅広く対応誹謗中傷対策から不動産・相続問題・労働問題まで幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく